◇◇ 2008年 山梨県 北精進ケ滝オフ会参加の思い出記録 ◇◇

戻り
 
Page 2-2

出発日  : 2008/05/17(土)
場  所  : 山梨県北杜市武川町黒澤 北精進ケ滝
行  動  : 6名 (オフ会)
1. イチローさん 静岡県在住  オフ会の計画者
2. ふたちゃん 埼玉県在住
3. あじゅさん 神奈川県在住
4. 滝の思い出さん 京都府在住
5. pokottonaさん 福岡県在住
6. 春爛漫年中無休 群馬県在住

 「道の駅 白州」でP泊し目が覚めると午前5時30分、忙しい、集合場所は精進ケ滝駐車場に午前6時30分集合になっている。昨夜、道の駅のスーパーで購入していた朝飯を食べながらの運転で林道に入ったがどうも違うようだ。石空川沿いを走っているのだが細く凸凹道になってきた。再度カーナビを見直すと道が一本違うようだ。
必死に本線に入るべく曲がりに曲がって正規のルートに入ることが出来た。後は一本道で午前6時10分ごろに駐車場に到着した。
車が3台止まっている。一台は「ふたちゃん」、もう一台は誰だろうとナンバーを見ていると中から突然「あじゅさん」が出てきてお互いにびっくり・・・3名ともドタ参ということであった。






定刻にいちろうさんの車がやってきた。車の中には京都の「滝の思い出」さん、九州の「pokottona」さん、これで全員そろったようです。早速、身支度をして吊橋を渡り遊歩道に入ります。
階段を上ったり下がったりしながら進むと「一の滝」が現れる。階段を登ると直ぐに「二の滝」と目を楽しませてくれる。

一の滝
一の滝
一の滝
一の滝
一の滝
一の滝
二の滝
二の滝

直ぐに「三の滝」が現れる。このあとしばらく沢沿いを歩くと展望台に到着した。展望台まで、約40分です。休憩をかねて写真を撮ったり雑談したり・・・。

二の滝
二の滝
二の滝
二の滝
三の滝
三の滝
展望台から
展望台から

さあ、アノ彼方の滝に向かって進みましょう。遊歩道からずれて早速、沢の渡渉になり、どこが渡りやすいか場所探し。九段の滝を高巻いて「前衛の滝」の下の沢に出る。

展望台から
展望台から
沢の渡渉
沢の渡渉
九段の滝を高巻いて
九段の滝を高巻いて
九段の滝を高巻いて
九段の滝を高巻いて

ここで手前の滝をよじ登るために沢靴に履き替える。前衛の滝の右側の細く流れている場所にとりつき登る。急斜面を登りきると大きな岩がごろごろしている場所をクリアすると滝壺が見える場所に立つ事ができる。この場所に立つと感動ものである。展望台で見る滝とは別物のようで素晴らしい。

沢靴には着替えて
沢靴に履き替える
前衛の滝を
前衛の滝を
着いた北精進ケ滝
着いた北精進ケ滝
滝壺
滝壺

滝前は180度の撮影場所でいろんな場所で表現でき、全員が思い思いの場所で撮影して時間を過ごすことが出来る。

撮影場所検討
撮影場所検討
正面から
正面から
左側から
左側から
左側から
左側から

右側には思い出さんが陣取って横から撮影している。滝前から左側に行くには沢を横切って行く。約小1時間程過ごして十二分に堪能してから滝前を去ることに。
帰りは途中高巻をした「九段の滝」による。ここも急な斜面を降りることになり、沢に降りる場所を探しながらの行動であった。

思い出さん
思い出さん
再び正面から
再び正面から
滝前の土手に立つ
滝前の土手に立つ
九段の滝
九段の滝

まだ午前10時30分、少し早いが昼食に。緊張の連続だった為か、ここで食べる昼食はまた格別のものがあった。食事の後は沢を伝って展望台に到着した。数人が滝を見に来ていた、駐車場に向かっている間にも何人もの人とすれ違い人気があることが分った。

九段の滝
九段の滝
九段の滝
九段の滝
北精進と九段
北精進と九段
駐車場
駐車場

朝6時30分から沢に入って駐車場に着いたのが12時、予定通り帰ることができた。駐車場にはいっぱいの車が止まっている。40分も歩く場所にもかかわらずやはり人気があるようだ。
今回は計画を立ててくれた「いちろうさん」には大変感謝をしています。全員アクシデントもパフォーマンスもなく無事に行って来られたのも大変良かったです、ありがとうございました。今回の5名の方、またどこかでお会いできることを願って完了します。

おわり
戻り



inserted by FC2 system